【メンテナンス】タイヤ交換(フロント)

OZ-Garage(オズガレージ)の宮澤です。
今回はタイヤ交換作業の紹介をしていきます。

ハーレーにとってタイヤはカスタムパーツの一つと言っても過言ではないくらい、多くのタイヤパターンが存在します。
お乗りの車種やカスタムに応じて、お好みのタイヤを選ぶのも楽しみの一つかもしれません。
ただ、軽度のひび割れでもいつバーストするかわからないので、ひび割れや溝が少なくなったと感じたら、早めの交換をお勧めしております。


今回はフロントタイヤの交換です。
目視で見てもわかる通り、多くのヒビが入っています。


ジャッキで車体を持ち上げ、シャフトを抜いてフロントタイヤを取り外します。


空気を抜き、抜き切ったことを確認したらチェンジャーに乗せ、タイヤを外していきます。


外し終えたら新品タイヤを装着していきます。

バランスを確認し、取り付ければ交換終了です。

現在ハーレー用のタイヤの多くが在庫なし、納期未定となっている状況ですので、ご自身のハーレーがタイヤ交換時期だと感じたらお早めにお問い合わせください!

関連記事一覧

  1. 100周年記念モデル
  2. ハンドル交換 ハーレー
PAGE TOP