【カスタム】エアクリーナー紹介

OZ-Garage(オズガレージ)の宮澤です。
今回はカスタムパーツを紹介していきます。

今回紹介するのは「エアクリーナー」
エンジンのど真ん中に居座るパーツなので、カスタムパーツの「顔」と言っても過言ではございません。
エアクリーナーだけでも様々な種類がありますので、今回はその中でもよく注文をいただくメーカーをご紹介します。


Arlen Ness(アレンネス)
ハーレー乗りなら1度は耳にしたことのある王手カスタムパーツメーカー。
ブラック、メッキ、コントラストカットなど、同じ形でも3種類ほどの色を選べ、さらに形も豊富にあります。
何をつけるか考えるだけでも1日が終わってしまうほど、見ごたえのあるメーカーです。


当店の在庫車両だけでも5種類もありました!


S&S(エスアンドエス)
こちらもエアクリーナーを語るには外せないメーカー。
王道のティアドロップ他、一回り小さくしたミニティアドロップ、形そのままでサイドをフィルターにしたステルスなど、どれをつけても間違いのないデザイン性が多くのハーレー乗りを魅了しています。


SKINNERS UNION(スキナーズユニオン)
通称「SU」。特にショベルヘッド~エボリューションエンジンに多く取り付けられているエアクリーナーです。
通常は「SUキャブレター」と一緒につけますが、加工して純正のキャブレターに取り付ける人がいるほど、ハーレー乗りには憧れのエアクリーナーです。

いかがでしたでしょうか。
まだまだ紹介ができていないメーカーが山ほどありますが、今回はここまで。
インジェクション車両の場合、エアクリーナーを交換すると吸気率が純正と異なるため、一緒にインジェクションのチューニングもおすすめしております!

関連記事一覧

PAGE TOP