【メンテナンス】クラッチ板交換

OZ-Garage(オズガレージ)の宮澤です。
今回はクラッチ板交換作業を紹介していきます。

クラッチ板とは、プライマリーケース内部にある「クラッチハウジング」に収納されている部品で、走行距離が多くなるとともに摩耗を起こし、クラッチが入りづらくなってしまいます。
特にオープンプライマリーカスタムや乾式クラッチの場合、水、ホコリ等で劣化が進みますので、定期的な点検、交換をお勧めしています。


まずはクラッチアジャストボルト(真ん中のボルト)を外し、フリクションプレートとクラッチプレートが交互に入っていますので、1枚ずつ取り外していきます。



すべて外し終えたら、シャフト磨きや、ハウジングに摩耗がないか点検し、問題無ければ新品のクラッチ板を入れていきます。


最後にクラッチアジャストボルトを調整し、クラッチのつながり具合、適正な遊びはあるかを確認し、作業は終了です。

クラッチ板は走る分だけ摩耗する部品になりますので、消耗品と思い定期的な点検、交換をおすすめいたします!
クラッチのつながりが悪いと感じたらオズガレージにお越しください!

関連記事一覧

  1. ハーレーステアリング交換・構造変更
PAGE TOP