【メンテナンス】ミッションオイル交換

OZ-Garage(オズガレージ)の宮澤です。

今回はミッションオイル交換作業の紹介をしていきます。
ミッションオイルは、ギア同士を潤滑させ摩擦を防ぐ役割を持っており、オイル自体が劣化するとギアが入りにくくなる傾向があります。
交換時期はプライマリーオイル同様、3,000km、遅くとも6,000km以内での交換をお勧めしております。


まずはドレンボルトを取り外し、ミッションオイルを抜いていきます。
ミッション摩擦で発生する鉄粉などがドレンボルトに付着している可能性があるため、取り外したドレンボルトは念入りに掃除します。


車体右にあるオイルキャップを外し、ミッションオイルを注いでいきます。
オイルキャップがオイルゲージの役割もしているため、ある程度注いだらオイルゲージを確認します。


∞のようなマークの中央あたりまでオイルが付着しているのが確認できます。
規定量は中央より少し上になりますので、少量注ぎ足して交換完了です。


ミッションオイル交換工賃は税込み1,100円になります!
ミッションオイルの交換時期が近付いたら、オズガレージにお越しください!

関連記事一覧

  1. ハンドル交換 ハーレー
PAGE TOP