【今日のハーレー】エボリジッド【ジョッキーシフト】

今日は【エボリジッド】を紹介していきます。

まずリジッドとは、「硬くて曲がらない」という意味を持つ「Rigid」からきており、その名の通りリアサスペンションがなく、「硬い」乗り味に仕上がっています。ハーレーは「パンヘッドエンジン」まで純正リジッドフレームになっており、バディシートのスプリングがサスペンションの役割を果たしていました。
そして「エボ」は、もちろん「エボリューションエンジン」のことを指し、創作した「リジッドフレーム」に「エボリューションエンジン」を搭載させるため、総じて「エボリジッド」と呼ばれています。


当車両はパフォーマンスマシーンのキャリパー前後、リアタイヤ200ワイド等、豪華カスタムを施しておりますが、中でもおすすめポイントが、「ジョッキーシフト&スーサイドクラッチ」!!!
走っているだけでも目を引くのに、ジョッキーで乗りこなしていたらあこがれの的間違いなしです!


初めてのリジッド、初めてのジョッキーシフトの方も、乗車できるようになるまでお付き合いいたしますのでご安心ください!
ハーレーのことなら「オズガレージ」にお任せください!

関連記事一覧

PAGE TOP