ステンレススポークに張替!

ダイナローライダー

今回はダイナローライダーの錆びてしまったスポークを錆びないステンレススポークに張替えていきます。年数が経つとこのようにサビが目立ってきます。

ハブもアルミが腐食して黒い斑点が出てきてしまってます。

古いスポークはもう使いませんので切ってしまいます。
リムとプーリーも曇ってしまってますのでバラしたついでに磨いておきます。
磨き終わったところです。。

お次はハブもかなり腐食してしまってるので磨きます。
旋盤にセットしてスコッチとワイヤーブラシで磨いていきます
右半分が磨き終わったところです。今回は鏡面仕上げではなくヘアライン仕上げなのでこれくらいでやめておきます。
ワイヤブラシも使うと早いです。
磨いて!磨いて!
さらに磨いて!!
磨き抜きます!!!
完成です!旋盤を使ったので15分くらいでこれくらいになります(^^)
これからはスポークを組んでいきます
ハブにスポークを通して置きます。スポークの向きも合わせて置きます。
1本づつ順番にリムに組んでいきます。
組み終わったところです
ニップルをある程度締め込んで置きます
次に締め付け具合を調整しながら、横振れ、縦振れを既定値内にします
タイヤを組み込んでバランスを取った所です。
車体に取り付けました。これでリアは完成です♪
お次にフロントも同様に磨いていきます。
磨き中!
内側も磨きます
振れを調整して!
車体に組み付けて完成です♪
足元が綺麗になると引き締まります。

スポークのサビが気になったらオズガレージへ!!

関連記事一覧

PAGE TOP