ツーリングモデルハンドル交換!

ハンドル交換 ハーレー

今回はツーリングモデルのハンドル交換を紹介したいと思います!ツーリングモデルに人気のバガータイプのハンドルに交換したいと思います。今回替えるハンドルは通常の1インチより太いタイプになりますので。ハンドル周りのボリュームUPになります♪

まずは通称ヤッコカウルを外していきます。ネジ7本で外れるので意外と簡単に外せます。

外れた状態です!

次にハンドルクランプボルトを緩められるようにインナーフェアリングをずらします。

ハンドルが外れた状態です。配線はハンドル中通しになっているのでこれを外していきます。

替えるハンドルをくらべたところです。

トリップスイッチは1段引き上げて横にスライドさせて外せます。無理に外すとワレてしまうので慎重に!

外れたところです!

ハンドルに通しやすくする為、電子スロットルの配線をコネクターから外します。

こちらがハンドルにつけ替えるスイッチ類です。CAN通信のモデルなので配線の本数は少なめです。

配線を引っ張り出すワイヤーです。先にハンドルに通してセットしておきます。

このようにして配線にからませて引き出して行きます。

配線を引き出したところです。コレで車体に取り付ける準備が整いました。

車体に取り付けて配線を戻して行きます。

ちなみにこの車両はブームオーディオのアンプが付いているモデルです。良い音しますよ♪

クラッチマスター、フロントブレーキマスターを戻していきます。

ABSのエア抜きはPCに繋げてポンプを回しながら作業します。

最後にスイッチの動作確認をして問題がなければ完成です。

スタイルも良く乗りやすいポジションになります♪

交換前!

交換後!

ハンドル交換もカスタムもオズガレージへ!!

関連記事一覧

  1. ストリートグライドスペシャル
  2. ハーレーステアリング交換・構造変更
  3. 100周年記念モデル
PAGE TOP