振動が気になってきたらラバーマウント交換

100周年記念モデル

今回の作業はダイナモデルのラバーマウント(エンジンマウント)の交換です。
ダイナモデルはラバーマウントでエンジンの振動を低減しているのですが年式が古くなってくると劣化、ひび割れを起こしてきて振動が増えてきます。だんだん振動が増えてくるので気づきにくいのですがひどいとラバー部分が切れて問題を引き起こしますので早めの交換をおすすめします。


交換はフロントとリヤを両方交換します。
まずはボルト緩めエンジンにジャッキをかけボルトにかかっているテンションを抜きます。
すると簡単にボルトが取れますあとは新品のマウントに取り替えていきます。

外したラバーマウントの状態です。右が新品で左が今回取り外したものです。変形しているのがわかりますでしょうか?

アップにするとひび割れがみられます。ひどいとコレが分離してしまう場合もあります。

無事交換できた状態です。

フロント側はコレで作業完了です。

次にリヤ側ですがフロントと同じように交換するのですがかなり奥まったところにありますので。道具を駆使して外して行きます

写真では分かりづらいのですがフロントと同じようにボルト、ナットを外していきます。

こちらが外したリヤのラバーマウントです。フロントと比べるとそれほど傷んでいませんが両方同時の交換をおすすめします。

こちらがアップした写真です。

これですべて交換終了です。振動も低減されて快適に走れるようになりました!その他ツーリングモデル、2004年以降のスポーツスターモデルもラバーマウントを使用していますので、気になった方は是非点検を!!

今回の交換料金

・フロント、リヤアイソレーター:32,100円 ※社外品使用
・交換工賃:9,000円
 合計:41,100円 (税抜き価格になります)

関連記事一覧

  1. ハーレー 鍵穴から作成
  2. ハンドル交換 ハーレー
  3. ストリートグライドスペシャル
  4. ハーレーステアリング交換・構造変更
PAGE TOP